こたちの読書ブログ

19世紀英国文学好きの読書記録

読書記録用ブログ

はじめに

最近、読書の楽しさに目覚め、読書記録ができるツールを探していました。

「感想を読んでもらう」だけならTwitterは最適だと思います。

でも後で読み返すとなったら探し出すのに手間がかかりますよね。

そう思って読書メーターにも登録してみました。

bookmeter.com

マイナーな本でもかならずと言っていいほど感想が投稿されてるのが嬉しい。

しかしTwitterと同様、字数制限があって長文を投稿するには不向きなツール。

読書感想文もだけど、それ以外の映画やDVDの視聴感想も投稿したいなと思ったときにどうしようかと考えました。

まとまった感想をきちんと見える場所に残しておきたい。

インプット(読書)したらアウトプット(感想を書く)しなきゃすぐ忘れてしまう。

悩んだ末にはてなブログにたどり着き、何を思ったのか独自ドメインを取得するまでに至りました。

こちらは収益とかいっさい考えていない趣味ブログです。

 いまさらWordPressを触る気力もなく。

ブログ以外の用途は考えていないし、わざわざレンタルサーバーを借りなくてもいいかなと。

お手軽に始められるブログのほうが記事に集中できますし。

読書ジャンルは主にヴィクトリア朝

19世紀に書かれた海外小説の翻訳本を読み漁っています。

19世紀イギリスの、特にヴィクトリア女王の治世に強くあこがれているためです。

もとはといえば一次創作における知識の引き出しと語彙力を鍛えるために読み始めました。

あとはシェイクスピアの戯曲集。

最初はイギリス文学だけに絞っていましたがフランス文学、ロシア文学にも興味が尽きません。

読書スピードはあんまり早くないので、更新が辛くならない程度に記事を書こうと考えています。

思いっきりネタバレすることもあれば、気になった一場面の感想をつらつら書き綴ることもあると思います。

なるべく本の魅力が伝わるような書き方にしたいと考えていますのでよろしくお願いします。